犬の爪切り|やり方と注意点

犬の爪も人間と同じように少しずつ伸びています。そのため、放っておくと爪が巻き込んで肉球に食い込んだり、爪が割れてしまったり、モノに引っかかって根本から折れてしまうなどトラブルの原因になります。ここでは犬の爪の切り方について見ていきましょう。

伸びてから短る切るはNG

最初にこの部分だけ気をつけていただきたいので、先にお話しておきますが、犬の爪というのは長く伸びてから切るということが難しい構造になっています。

というのも、犬の爪はストローのような形をしていて中に「血管」と「神経」が通っています。これが爪が伸びると一緒に伸びてきてしまうため、短かった頃の長さで切ろうとしても、すでにそこには血管が通っていることになります。そのため、元の長さまで切ることができなくなってしまうのです。

つまり、犬の爪は、定期的に切ってあげることが大切というわけです。

爪のチェックは1ヶ月に1回

爪切りの目安は月に1回です。犬の爪は、お散歩のときに地面を歩くと削れていくものなので、よくお散歩をする犬はもっと長い期間になるかもしれません。

でも、犬の「親指」にあたる部分の爪は地面に触れない場所にあるので、いずれにしてもこの爪は定期的にチェックしておく必要があります。

犬の適切な爪の長さは、直立した状態で爪が地面に当たらないくらいの 長さです。室内のフローリングを歩くときに、「チャッチャッチャ」という爪の当たる音がする場合は爪が長いサインと考えても良いでしょう。

爪切りを成功させる日常の心がけ

爪を切るときだけいきなり足を触ったりすると犬も警戒してしまいますし、普段、触り馴れていない爪をいじられるわけですから嫌がられる可能性が高くなります。

そのため、月に1回の爪切りの準備として、普段から足を触るというのをスキンシップに入れておいていただきたいのです。

ポイントは、普段、スキンシップでなでたりするときに自然な流れで足や爪に触れて、触られることに馴れさせておくことです。そして、足を触った後は、褒めてあげたりごほうびをあげるようにします。これで、「爪を触られる=嬉しい」という学習をさせておきます。

犬の足先というのは神経が敏感な場所です。足先は強く握らず優しく触ってあげてくださいね。

用意するもの

犬専用の爪切り
ハサミタイプとギロチンタイプがありますが、みなさんギロチンタイプの方が使いやすいようです。最近は、電動爪やすりというものもあるので、興味がある方はチェックしてみてください。
止血剤
万が一、出血してしまったときの備えとして用意しておきます。ペットショップなどで売られているものを使います。
爪やすり
切りたての爪は尖っているので抱っこした時などけっこう痛いのでヤスリで整えます。

爪の切り方

まず、爪を切る前に、初めに犬を落ち着かせて足を持って爪にを触れてみてください。爪に触れてもおとなしくしてくれていれば問題ありませんが、爪を触られるのを嫌がったり、爪切りを見ただけで逃げてしまうような場合無理は禁物です。

嫌がる子に無理やり爪切りをしてしまうと怪我をさせてしまう危険がありますし、爪切りを不快な体験として犬が学習してしまいます。

犬が爪切りを嫌いになってしまった後で、自宅での爪切りが難しくなりペットサロンや病院に相談に来られる方もいるのですが、こうなってからでは、プロでも手が付けられないものです。だから、嫌がりそうだなと思ったら無理はしないでください。

まずは、後ろ足から

いきなり前足の爪から切ると警戒されていまうことがあるので、 始めは後ろ足の爪から切ってみましょう。

爪を切るときは、犬が立った姿勢の状態で、足を後ろに曲げた状態で支えて切ります。前足のときもお手をするときのように足を前に出すのではなく、後ろに曲げて切った方が、爪を切るところを犬に見せずに済みますので、犬を警戒させずに済みます。爪を切るときに安全に犬が安心して切れる方法をいろいろ試行錯誤してみてください。

犬の爪は人間の爪のように一度にパッチンと切るのではなく、少しずつ角を取るように角度を変えて何回かに分けて切っていきます。

どこまで切ったら良いの?

爪が白い子の場合は、血管が透けて見えるのでその手前まで切ればよいのか分かりやすいのですが、問題は爪が黒い子です。

黒い爪の場合は、爪を切ったときの断面の質感で判断します。最初のうちは爪を切ると断面が白っぽくパサパサ乾燥した感じになっていますが、切り進めていくうちにやがて湿っぽく透明感のある断面が出てきます。これが出てきたら血管が近いサインなので切るのをやめます。

最後にヤスリをかける

犬が嫌がらなければ、できるだけヤスリはかけた方がいいですね。

おわりに

爪切りは、一度でも嫌な思いをさせてしまうと、二度と爪を切らせてもらえなくなる可能性がありますので、慎重に少しずつを心がけてください。

絶対に、体を抑え込んだり無理やりやろうとは思わないでください。もしお家で爪切りが難しそうだなと感じたら、無理はせず、動物病院やペットサロンなどプロの方にお任せしましょう。爪切りができなくて悩んでいる飼い主さんは結構多いです。「爪のことくらいで・・・」と思わずに相談してみるのが一番です。