犬が食べてはいけない食べ物

犬と一緒に生活していると、人間の食べ物を犬がおねだりしてあげてしまうことがあると思います。

犬は人間と同じ「雑食」だから人間の食べものは基本的に与えても問題ないだろうと思っていると、思わぬ形で愛犬を危険にさらしてしまうことがあるので要注意です。

ここでは、犬が食べてはいけない食べ物についてご紹介していきます。

犬が食べてはいけない食べ物

ネギ類(玉ねぎ・長ネギ・ニンニク・ニラ)

「犬にネギを与えてはいけない」というのは、結構有名な話なのでご存知の方も多いと思います。玉ねぎ、長ネギに限らずネギ類には「アリルプロピルジスルフィド」という絶対に覚えられなそうな難しい物質が含まれています。

これを犬が摂取してしまうと、赤血球が破壊されてしまい貧血、食欲不振、赤い尿が出るなどの症状を引き起こします。摂取量が多いと呼吸困難を引き起こし命を落とす危険もあります。

「食べてはいけないもの」というと、摂取してから数時間で異変が出るのかなと思われがちですが、玉ねぎは症状が出るまでに数日間かかるそうです。ネギやニンニクは、料理でよく使う食材なのでついうっかり料理に含まれていたものを与えてしまわないように気をつけましょう。

チョコレート

チョコレートに含まれる「テオブロミン」という物質は犬にとって毒性があります。犬がチョコレートを摂取すると、数時間以内に下痢、嘔吐、尿失禁、震え、脱水、発熱などの症状が出ます。

チョコレートはみんなが好きな食べ物なので、おいしいと思って愛犬に与えないように気をつけましょう。

キシリトール

キシリトール、砂糖の変わりに使われる甘味料ですね。これを犬が摂取すると、低血糖症を引き起こします。接種後、30分~1時間くらいで、嘔吐や脱力感などの症状が表れて進行すると急性肝不全にもなります。

もしかしたら、人工甘味料を含んだお菓子を与えてしまうことがあるかもしれません。犬におやつを与えるときは成分表を必ず確認しましょう。

マカダミアナッツ

マカダミアナッツがどうして犬にとって良くないのか、原因はよく分かっていないそうです。摂取すると嘔吐や下痢、発熱などを引き起こします。マカダミアナッツに限らず、ナッツ類は基本的に危険なので与えないようにしてください。

アボカド

アボカドっておいしいですよね。「このおいしさをうちの愛犬にも」というのが危険です。アボカドには「ペルシン」という物質が含まれていて、これが嘔吐や下痢、呼吸困難を引き起こします。

ぶどう類

種類に限らずぶどう類は犬にとって危険な食べ物です。どの成分が危険なのかはよく分かっていませんが、急性腎不全を引き起こす危険があり、嘔吐や下痢、食欲不振などを引き起こします。最悪な場合は命の危険もあるので注意してください。

ぶどうで特に気をつけたいのが、「レーズン入りのパン」です。レーズンのように干されたぶどうは成分が凝縮している分、少量でも危険な上、パンって結構犬に与えることが多い食べ物ですよね。与えるのはもちろん、うっかり犬が食べられる場所にも置かないようにしましょう。

プルーン

プルーンというと「体に良い」というイメージがあるので愛犬の健康を考えて与えてしまうことがあるかもしれませんが、これも危険な食べ物です。ぶどうと同様に詳しい原因は分かっていませんが、呼吸困難やショック症状を引き起こすことがあります。

おわりに

みなさんドッグフードを味見したことってありますか?私は、子供のころドッグフードを味見したことがありますが、味がなくて不味かったです(笑)。

人の食べ物には、塩分が入っているものが多いので食べ物には「塩味」がついているのが普通ですが、犬は人間ほど塩分を必要としません(体重あたり人間の6割の塩分で良いそうです)。犬は汗をかかない分、塩分がそこまで体から流れていかないんですね。

犬と一緒に暮らしていると、スナック菓子などをついあげてしまうこともあると思いますが、スナック菓子には塩分が結構入っていることが多いので、与えすぎには気をつけましょう。