page

ペットキャリーの比較

お家のワンコ、ネコのペットキャリーを探しているという方のためにいろんなペットキャリーを比較してみました。

キャリーバッグ選びのポイントは「どんな目的で使用するか」です。
ペットキャリーは、種類によってそれぞれメリット・デメリットがあるので、目的に応じて選ぶことが大切です。

カートタイプ ~歩くのが困難なペットと飼い主のために~

ベビーカーと同じようにペットを入れた台車を押して移動するタイプです。
カート内に収納スペースがあるので荷物も一緒に運ぶことができます。
主にペットが病気などで歩くのが困難な場合や、
飼い主がリードを使って歩行するのが困難な場面で使用されます。
カートがかさばってしまうので玄関に収納場所が必要になります。

クレートタイプ ~飛行機・交通機関での移動に~

プラスチックでできた丈夫なカゴ状のキャリーです。
ペットキャリーといえばクレートタイプのキャリーをイメージされる方が多いと思います。
頑丈であるという点がこのキャリーのメリットです。
使用しないときは室内のハウスとして使用しているご家庭も多いと思います。

飛行機内にペットを持ち込む際は、このクレートタイプが必須になります。
各航空会社によって基準がありますので、購入前に航空会社に問い合わせをしておきましょう。
主に車や交通機関での移動で使用されますが、キャリー自体の重量や幅があるため長時間の移動には向いていません。

バッグタイプ ~オシャレ重視で行くなら~

ファッション性を重視する商品が多いのが特徴です。
いろんな種類が出回っていて可愛いデザインも多いのですが
反面、機能性に欠けるものもあるので注意が必要です。
ペットのことまで考えられたデザインになっているかどうかを考えて選ばないと、肝心のペットが入ってくれないということもあります。
同じ犬種の口コミなどを参考にすると良いですね。

スリングタイプ ~あらゆるシーンで使用可能~

FUNDLEが世界で初めて生み出したのがこのスリングタイプのキャリーです。
赤ちゃんを抱っこする際に使用されるベビースリングと同じようにペットと飼い主の体が密着するようにできているため
ペットが安心して過ごすことができ、飼い主も長時間の移動の負担になりません。
手持ちタイプと違い両手の自由が効くので公共交通機関、ショッピングモール、ドッグカフェ、車内などあらゆるシーンで使用することができます。
FUNDLEのペットスリングは他にもペットと飼い主のことが考えられた独自の機能が備わっています。
>>ファンドルの特徴

カートタイプ クレートタイプ バッグタイプ スリングタイプ
機能性
安全性
軽量性 × ×

最近は、いろんなタイプのペットキャリーが販売されるようになりましたね。
ペットキャリーは目的に応じていろいろ使い分けするのも良いですが、はじめからいろんな場面で使用できる多機能なものがあるほうが便利です。

そういう意味でFUNDLEのペットスリングはペットにも飼い主にも使い心地のよいアイテムとして世界中で愛されています。

PAGE TOP