ファンドルの使い方

ここではFUNDLEのキャリーバッグの使い方をご紹介します。

ベルトの調整

1_1

まずは、ショルダーベルトの長さを調整しましょう。 購入したてのときはベルトが短くなっているので、体にしっくりくるように調整します。

FUNDLEのキャリーバッグには表と裏があります。肩にかけたときにふれあいポケットが表にくるようにしてください。

ワンコを入れる

1_3

カバーを外して、FUNDLEを床に置きペットを中に入れます。

ワンコが入りやすいようにカバーの片側を全て外し、中にある安全フックを外に出しておきます。

 

1_4

スリングは片側の底が流線的に浅くなっています。浅くなっている方を左向きにした状態で深い方がペットの尻尾、浅い方が頭になるように入れましょう。

初めのうちは誰かにスリングを開いて補助してもらうと良いですね。

安全フックをかける

1_5

ペットが中に入ったら安全フックを首輪につなぎます。そのまま持ち上げるとペットが驚いてしまうので、スリングの中でペットがリラックスするまでしばらく様子を見ましょう。

1_6

カバーを付けて持ち上げる。

1_7

ワンコが落ち着いたところで外していたカバーを再びスリングに装着します。
ショルダーベルトを肩にかけてゆっくりと持ち上げてみましょう。

 

beltfront

キャリーバッグがほどよく密着しているので ペットも飼い主に抱かれたときのように落ち着いていると思います。スリングの使い心地は実感していただけたでしょうか?