single

犬の換毛期

こんばんは!おいもママです。
毎日寒いですが、みなさんは風邪やインフルエンザなど大丈夫でしょうか?

私はというと、幸いにもインフルエンザではなかったものの、
娘と2人で久しぶりの風邪でダウンしていました 苦
みなさまも風邪やインフルエンザには十分お気をつけくださいね。

今回は犬の換毛期についてお話したいと思います。
「換毛期」という言葉自体は犬を飼ってらっしゃる方は
よく耳にするんじゃないかなと思います。

どんなものかご存知でしょうか?

換毛期とは季節の変わり目に被毛が抜け変わることをいい、
1年に大きく分けて2回あるといわれています。

冬が終わって春にむかって暖かくなるころと、
秋から冬にむけて寒くなるころです。

 

人間でいうところの衣替えのようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。

ワンちゃんの場合は、自分に生えている毛が生え変わることによって
暑い時期や寒い時期に備えるために換毛期があるのです。

では換毛期はすべてのワンちゃんに起きるのでしょうか?

 

ワンちゃんの毛は

上毛(オーバーコート)
下毛(アンダーコート)

という2種類に大きく分かれています。

オーバーコートとは名前の通り表面に生える毛のことで、
換毛期がなく、人の髪と同じように一定周期で抜け落ちて生え変わります。

アンダーコートはオーバーコートの下に生える細くて柔らかい毛で、
寒い時期には保温の為に生えてきて暖かくなったら抜け落ちます。

そして、ワンちゃんにはこの毛の種類によって2つに分けられます。

1.オーバーコートとアンダーコートが両方はえている犬種(ダブルコート)。
2.アンダーコートがなくオーバーコートのみが生えている犬種(シングルコート)。

このうち前者のダブルコートの子が換毛期があるワンちゃんということになります。

代表的な犬種としては寒い国が原産国のワンちゃんが多く、
小型犬だとポメラニアンやチワワ、大型犬だとゴールデンレトリバーや
ハスキーなど、あとは日本犬もダブルコートのワンちゃんになります。

反対にシングルコートのワンちゃんは
おいものようなプードルやマルチーズなど、
毛があまり抜けない種類が多いです。

その代わり毛が伸び続ける犬種が多いので、
定期的なカットやお手入れが必要になってきます。

最近では換毛期といっても室内飼いのワンちゃんが増え、
室内は年間を通してある程度一定の気温だったりするので、
昔ほどはっきりとした換毛期はなくなってきているなと感じます。

ですが、シングルコートの子のように毛が伸びない種類のワンちゃんでも、
定期的なブラッシングなどで生え変わっていらなくなった毛を
きちんと取り除くなどのお手入れが大事になってきます。

関連記事

PAGE TOP